東海大学には!館澤亨次と阪口竜平という凄い選手もいるからねー!箱根駅伝2018

スポンサードリンク




箱根駅伝に向けて!東海大学の黄金世代には、鬼塚翔太選手、關颯人選手だけではなく、日本陸上界が期待する凄い選手がまだまだいます。箱根駅伝2018ではどんな走りを魅せてくれるのでしょうか!

阪口竜平選手! 2年生 (京都・洛南高)

 

 

全日本インカレ5,000mでは日本人トップの3位の好成績。出雲駅伝では1区を区間賞で走り抜け、優勝の原動力となりました。高校3年生時は都大路1区で、關、鬼塚選手らと競い合い、5位の成績も収めています。

青山学院の原監督が、東海大の両角監督に「阪口君は強いから」と話してる動画も観ましたし、神奈川大の大後監督が「阪口選手は本当に力がある」と話した記事もありましたね。

昨年の箱根駅伝では、エントリーされていましたが当日交代で走れずに悔しい思いもしたでしょう。2017全日本大学駅伝は出場ナシでしたね。何か監督に作戦があったのかもしれません。

 

館澤亨次選手!2年生(埼玉栄高校)

 

 

2017年の出雲駅伝では2区・区間2位、全日本大学駅伝は3区・区間賞と素晴らしい成績です!なんといっても、日本選手権の1500m優勝というのが凄いです。日本陸上界・期待のトップ中距離ランナーということです。

箱根駅伝は区間20km以上を走ることになりますから!トラック競技でのスピードを活かした箱根駅伝での走りを魅せてくれるでしょう!

 

 

箱根駅伝☆注目のランナー『鬼塚翔太(東海大学)』箱根駅伝2018に向けて!

大学駅伝☆注目のランナー『關 颯人(せき はやと)東海大学』箱根駅伝2018に向けて☆

【箱根駅伝の生情報】出場大学、ランナー、関係者のTwitterからお届けします!

 

スポンサードリンク