大迫傑(おおさこすぐる)選手が最有力!福岡国際マラソン⇒東京オリンピック 【マラソン代表】

スポンサードリンク




【結果福岡国際マラソンを日本人トップ・3位で走り抜けましたーー!】12/3の福岡国際マラソンは楽しみで仕方ない!なぜならば、大迫傑選手がエントリーしてるからだ。彼にはなんとしてでも東京オリンピック・東京2020のマラソン日本代表になってもらい、東京で走る姿を生で観たいと思う!

2018/02/04 クロカン日本選手権1位

大迫選手の走りをテレビで観戦していましたが、やはり強いですね!解説の両角さん(東海大学・監督)が「大迫選手はコーチに追い込んで来い」と言われてる!という話も紹介していたので、残り1周ちょっとのところでスパートをかけて、それまで先頭集団を形成していた他の選手を離しました。

最後は2位の選手と4秒差ですから、そんなに離してのゴールではなかったですけどね。やはり日本の第一人者という走りが観れました。ゴール後のインタビューでは「マラソンもまた走ります」と言っていたので、2018年中または、2019年春までにMGCに向けての走りを観れそうです!

 

2017福岡国際マラソン3位(日本人トップ)

大迫傑選手が2時間7分19秒という良いタイムで福岡国際マラソンを走り抜けました!東京五輪への選考レースである、MGCへの出場権を手に入れましたね! 2017年12月3日

久しぶりにワクワクさせてくれる、マラソンの日本人ランナーに出会えました!

 

 

大迫 傑  Suguru Osako

国籍 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走
所属 ナイキ・オレゴン・プロジェクト

大学 早稲田大学スポーツ科学部卒業
生年月日 1991年5月23日(26歳)
生誕地 東京都町田市
身長 170cm
体重 53kg

駅伝の強豪校、長野・佐久長聖高校から早稲田大学へ入学、箱根駅伝で早稲田のエースとして活躍後、日清食品グループを経てナイキ・オレゴン・プロジェクト所属のプロランナーとして現在に至る。

トラック、駅伝共に過去の戦績は日本のトップランナーに違いないと思いますが、日本のトップで終わって欲しくない選手である!という意味では、多くの長距離・駅伝ファンの思いは一つではないでしょうか。

東京オリンピックに向けての予選会になる2017年12月3日・福岡国際マラソンでの走りがとても楽しみですね。圧倒的な強さを魅せてくれるのか?それとも東京オリンピックに向けての順調な成長ぶりを魅せてくれるのか?ワクワクしますね。

 

2020東京オリンピックに向けて!

東京五輪まで1000日というイベントが10月頃ありましたね。大迫選手も、東京五輪に向けてのマラソングランドチャンピオンシップシリーズ(MGCシリーズ)という指定競技である福岡国際マラソンで結果を残し、2019年9月以降に開催されるMGCレースにまずはエントリーしないといけません。

出来れば早めに代表に選ばれて、東京オリンピックだけに集中出来る環境になれたら良いのになぁーって思うのですが・・・

日本陸連が決めることですからそれに向けてやるしかないですよねー。

大迫傑選手のツイートで福岡国際マラソンを走ることをボクは知りました笑

 

2016・2017年と日本選手権10,000mを2連覇しましたね。

 

東京2020のマラソンは暑い中でのレースになるかもしれませんからねー。

まずは福岡マラソン。その後にも指定競技のMGCシリーズはありますけど!決めてください、大迫傑プロ。

 

 

2018年【マラソン・駅伝】大会・イベントの日程と放送予定!2018/02/17更新

MGC・マラソングランドチャンピオンシップって何?

スポーツイベント・大会の競技日程、放送予定を多くお知らせしたいと考えています!

2017年12月3日(日) 福岡国際マラソン2017の注目選手をピックアップ!!!

スポンサードリンク